iNPHという病気〜治療できる歩行障害・認知症・尿失禁があります〜 診断と検査 症状の診断

iNPHの診断は基本的に症状と画像診断および比較的容易な諸検査をとおして行われます。しかしながら、他の疾患と判別するのがむずかしい場合があり、様々な補助診断法を組み合わせて診断することもあります。脳神経外科神経内科などで診断されます。

症状の診断

症状の診断は、主に脳神経外科や神経内科などの外来にて行われます。

担当する専門医師によって、患者の歩く様子を注意深く観察したり、同伴のご家族からお話をうかがったりしてiNPHの三徴候、歩行障害・認知症・尿失禁をとらえます。そして歩行障害の程度を測定したり、認知症の有無・程度を調べる検査を行い、尿失禁については本人あるいは同伴者に問診で確認します。

外来での臨床症状の確認でiNPHやその他の病気の可能性を確認した後はCTスキャンやMRIといった断層画像診断に進みます。

iNPH重症度スコア

iNPHの歩行障害・認知症・尿失禁、いわゆる三徴候においてはこれまでに使用されていた重症度スコア(旧厚生省「難治性水頭症調査研究班」)を改良したiNPH重症度スケール改版が日本正常圧水頭症研究会ガイドライン作成委員会によって作成されました(2004)。このスコアは治療が施された後にも、症状の改善具合を確かめるために用います。

歩行障害イメージ画像

何らかの歩行障害があるか、どの程度の歩行障害なのか

0
正常
1
ふらつき、歩行障害の自覚のみ
2
歩行障害を認めるが補助器具(杖、手すり、歩行器)なしで自立歩行可能
3
補助器具や介助がなければ歩行不能
4
歩行不能
認知症イメージ画像

認知症があるか、どの程度の認知症なのか

0
正常
1
注意・記憶障害の自覚のみ
2
注意・記憶障害を認めるが、時間・場所の見当識は良好
3
時間・場所の見当識障害を認める
4
状況に対する見当識は全くない。または意味ある会話が成立しない。
尿失禁イメージ画像

尿失禁があるか、どの程度の尿失禁か

0
正常
1
頻尿または尿意切迫
2
時折の失禁(1−3回/週)以上
3
頻回の失禁(1回/日)以上
4
膀胱機能のコントロールがほとんどまたは全く不能

※上述の各重症度スコアでの症状の表現が実際の患者にうまくあてはまらない場合は、
 0=正常、1=疑いがある、2=軽度、3=中等度、4=重症、をスコアの基本にして判定する。

出典:日本正常圧水頭症研究会「特発性正常圧水頭症診断ガイドライン」
石川 正恒

関連コンテンツ

TOPへ戻る