iNPHという病気〜治療できる歩行障害・認知症・尿失禁があります〜 症状改善例 シャント術後とシャント術後

歩行障害の例と、症状がシャント術によって改善された事例をムービー(QuickTime形式)でご覧いただけます。

  • 症例1

    当初、一人では歩行困難で介助の必要がありましたが、手術後は、介助がなくとも歩けるようになり、認知症も消失しました。

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 症例2

    歩行はおろか、立つことができず、認知症や尿失禁で寝たきり状態でしたが、手術後2週間で歩行障害や認知症、尿失禁も消失し年齢相応に改善しました。

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 症例3

    認知症、歩行障害、尿失禁の症状が進み、ほとんど寝たきりの状態でしたが、手術後2週間で歩行障害や認知症、尿失禁が消失し、年齢相応に改善しました。

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 症例4

    歩行障害、認知症、尿失禁の症状が進み、特に上半身はのけぞるように残ってしまう歩行障害のため介助が必要でしたが、術後は一人で歩けるように改善しました。

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 症例5

    歩行障害の症状が進み、なかなか足が前に出ないで、転回時に大変に不安定な歩行でしたが、術後は歩幅も大きくなり、スムーズに転回できるように改善しました。

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 症例6

    (髄液タップテスト前後の症状の改善)髄液タップテスト前は、歩き出しが難しく、非常に不安定な足取りで、特に転回が困難で介助が必要でしたが、髄液タップテストの後、歩行障害が大きく改善しました。このテストで症状の改善が得られたら、シャント手術が有効と期待できます。

    このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

【ご注意】
これらの映像資料の掲載においては、各病院の倫理委員会を経て、患者さんおよびご家族の了解を得ております。また、プライバシーの観点から一部画像処理を施しております。映像の保存、複製、二次利用などはご遠慮下さい。

TOPへ戻る