iNPHの原因

iNPHは“高齢者の水頭症”とも言われています。
ここでは、水頭症全体のことからiNPHについて解説していきます。

水頭症の分類

水頭症の分類図 水頭症 非交通性水頭症 交通性水頭症 突発性正常圧水頭症 続発性正常圧水頭症
水頭症の分類図 水頭症 非交通性水頭症 交通性水頭症 突発性正常圧水頭症 続発性正常圧水頭症
本サイトで紹介する病態は、
特発性正常圧水頭症(iNPH)です。

水頭症とは?

  • 水頭症イラスト
  • 水頭症とは、脳と脊髄の表面(クモ膜下腔)に存在する脳脊髄液(のうせきずいえき)が過剰に貯留し、主に脳室が拡大する病態をいいます。
    脳の中には脳室と呼ばれる風船のような部屋が4つ(左右一対の側脳室・第3脳室・第4脳室)あり、脳表のクモ膜下腔(脳と脊髄の表面、クモ膜下腔のスペース)につながっています。
    そこに脳脊髄液という体の中で一番きれいな液体(99%は水:無菌)が産生や吸収を繰り返しながら、脳や脊髄を物理的に保護したり、脳内を移動することで脳の老廃物を除去していると考えられています。
    ※脳脊髄液に関しては全ての役割が解明されていません。
    ところが、何かしらの原因で髄液の吸収が悪くなると頭蓋内に髄液が溜まり、脳室が拡大します。これが原因で様々な症状が現れる病態が水頭症です。水頭症には、この髄液の吸収障害による成人に多い水頭症と、
    脳脊髄液が過剰に産生されたり、閉塞によって起こる小児に多い水頭症の2つのタイプがあります。

水頭症には2つのタイプがあります!

  • 小児に多い水頭症のタイプ

    非交通性水頭症
    水頭症イラスト

    脳脊髄液が産生される場所である脳室の経路上で脳脊髄液の流れがブロックされた場合、その上流の脳室が拡大します。中脳水道が狭くなって脳脊髄液が流れにくくなっている場合が多く、小児に多い水頭症です。脳圧が高くなり、頭痛・嘔吐・意識障害などの症状が出ますが、治療できます。

  • 成人に多い水頭症のタイプ

    交通性水頭症
    水頭症イラスト

    脳脊髄液が脳室経路から出た後、クモ膜下腔やクモ膜顆粒で脳脊髄液の循環・吸収が悪くなり、脳脊髄液が脳室に溜まる(脳室拡大)病気です。
    必ずしも脳圧が高くならない(正常範囲:200mm H2O以下)場合があり、歩行障害・認知症・尿失禁が主な症状として現れます。これを正常圧水頭症と呼びます。正常圧水頭症は通常、高齢者におこり、認知症のある患者の5〜10%に潜在的に認められると言われています。

正常圧水頭症のうち、原因不明なものがiNPHです。

  • 特発性正常圧水頭症(iNPH)

    水頭症イラスト

    原因は特定できないにもかかわらず脳室の拡大が認められ、歩行障害・認知症・尿失禁といった症状が進行する病気です。
    脳室や髄液腔(クモ膜下腔)が拡大すると周囲の脳組織を圧迫したり、血流が悪くなることによって歩行障害・認知症・尿失禁といった症状が進行していきます。これらの症状は高齢者ではよく見かけるものなので、脳萎縮などとの区別も難しいのですが、この特発性正常圧水頭症も的確に診断できれば、脳神経外科手術(髄液シャント術)によって症状の改善を得ることができます。また、歩行障害は80%、認知症は70%、尿失禁は50%改善します。

  • 続発性正常圧水頭症

    水頭症イラスト

    クモ膜下出血

    頭部外傷

    髄膜炎

    脳腫瘍

    その他

    続発性正常圧水頭症は先行する病気が明らかなため的確に診断され、脳神経外科手術(髄液シャント術)によって治療されています。

少しでも思い当たることがあれば、ぜひ一度受診してみてください。

ご相談は「高齢者の水頭症コールセンター」へ

0120-279-465

(受付時間 平日8:00〜20:00)

医療、介護に経験豊富なスタッフがご質問やお悩みにお答えします。
個人情報等は伺っておりません。