漫画で分かるiNPH

知ってほしい病気です

認知症は根本的な治療が難しく、どうしよう…と心配される方も多いと思います。
しかし、中には改善できるタイプのものもあり、特発性正常圧水頭症(iNPH)もその一つです。iNPHは何らかの原因で頭蓋内に髄液が溜まり、脳が圧迫されて、歩行障害・認知症・尿失禁などの症状が出る病気です。
しかしながら、髄液の流れを良くする治療により症状が改善するため「改善できる認知症」として注目されています。
最近転びやすい・スムーズに歩けないなど自覚症状を感じた時、ご家族が見て、歩き方がおかしい・元気がないなどの違和感を覚えた時は、一度、iNPHを疑ってみてください。ご自身の気づきやご家族ならではの細やかな観察が、早期の発見と正しい診断、そして症状改善へとつながるかもしれません。

こんな症状はありませんか?

iNPHのサインを見極めよう

主な症状は歩行障害・認知症・尿失禁の3つ。
歩行障害が主体の病気ですが、他の症状が重なってきたら、iNPHの可能性が高まります。
※iNPH=idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus

  • 歩行障害 最近歩きにくくなったなど歩行障害 最近歩きにくくなったなど
  • 認知症 物忘れが始まったなど認知症 物忘れが始まったなど
  • 尿失禁 トイレに間に合わないなど尿失禁 トイレに間に合わないなど
  • 開脚や小刻み、すり足には特に注目を!

    iNPHの最も特徴的な症状が歩行障害です。
    小股でよちよち歩く、少し足が開き気味で歩く、ひざが上がらずにすり足で歩く、
    などの歩き方は認知症が現れる他の病気と区別するポイントにもなります。

  • 開脚・小刻み・すり足

少しでも思い当たることがあれば、ぜひ一度受診してみてください。

ご相談は「高齢者の水頭症コールセンター」へ

0120-279-465

(受付時間 平日8:00〜20:00)

医療、介護に経験豊富なスタッフがご質問やお悩みにお答えします。
個人情報等は伺っておりません。

【会社概要】

Integra Japan株式会社

〒107-0052
東京都港区⾚坂 1-7-1 ⾚坂榎坂ビル9F
TEL:03-6809-0235(代表)