ご相談は「高齢者の水頭症コールセンター」へ

0120-279-465

3分簡単iNPH
チェックシート

病院を探す

  • メール
  • LINE
  • facebook
  • twitter

まずはページをシェア

メディア掲載

認知症政策プロジェクト 公開シンポジウム「特発性正常圧水頭症(iNPH)対策の課題と展望~治療で改善できる認知症へのフォーカス~」

日本医療政策機構(HGPI:Health and Global Policy Institute)は、2022年8月24日に公開シンポジウム「特発性正常圧水頭症(iNPH)対策の課題と展望~治療で改善できる認知症へのフォーカス~」を会場(TKP東京駅大手町カンファレンスセンター)とオンラインによるハイブリッド形式にて開催いたしました。

シンポジウムの動画はこちら

認知症政策プロジェクト 公開シンポジウム「特発性正常圧水頭症(iNPH)対策の課題と展望~治療で改善できる認知症へのフォーカス~」

認知症の原因疾患の多くは治療が難しいとされる中で、iNPHは「治療で改善できる認知症」です。適切な治療によって得られる効果として、寿命の延伸のみならず、医療経済効果や転倒予防に繋がるなど、数多くのメリットが近年の研究で報告されています。しかし、一般の方の認知度が低いだけでなく、多くの課題を抱えていることも事実です。
これらの課題を社会全体で解決すべく、iNPHに関わる医師、アカデミア、産業界の他、患者さんご本人、といった“産官学民”のマルチステークホルダーによる議論が繰り広げられました。

前田 達浩 先生 医療法人社団 山本・前田記念会 前田病院 脳神経外科 “歩けなかったらパーキンソン、記憶がなければアルツハイマー”決めつけずに、iNPHの可能性を疑って欲しいです。

名倉 崇弘 先生 愛知医科大学病院 脳神経外科 “転倒”がiNPHの重要なサインです。転倒する回数が増えてきたら、病院を受診してください。

田中 達也 先生 国際医療福祉大学 成田病院 脳神経外科 歩行障害と認知症が同時に出たら一度は検査を受けて欲しいです。

山田 茂樹 先生 滋賀医科大学 脳神経外科学講座/洛和会音羽病院(非常勤) iNPHの患者さんは、それぞれにドラマがあります。

宮﨑 晃一 先生 大阪回生病院 脳神経外科 iNPHを知っていただくことが第一歩になる。特に2〜3週間で急に悪くなったと感じたら、iNPHを疑って欲しいです。

患者と家族の体験談患者と家族の体験談

症状改善の動画症状改善の動画

ドクターズボイスドクターズボイス

iNPHチェックシート

病院を探す

高齢者の水頭症コールセンター