ご相談は「高齢者の水頭症コールセンター」へ

0120-279-465

3分簡単iNPH
チェックシート

病院を探す

  • メール
  • LINE
  • facebook
  • twitter

まずはページをシェア

治療について

どんな手術をするの?

  • iNPHの治療では、脳脊髄液の流れを良くする「髄液シャント術」と呼ばれる手術を行います。
    これは、流れの悪くなった髄液通路の替わりにカテーテル(管)を体内に埋め込み、過剰に溜まってしまった脳脊髄液を腹腔(お腹にある空間)などへ排出することで脳への圧迫を解放し、髄液循環や脳神経機能を改善させる治療法です。

髄液シャント術の方法には、「VPシャント(脳室-腹腔シャント)」・「VAシャント(脳室-心房シャント)」・「LPシャント(腰椎-腹腔シャント)」があり、日本では、頭の骨に小さな穴をあけ、脳室から腹腔までカテーテルを挿入する「VPシャント」と、腰椎から腹腔までカテーテルを挿入する「LPシャント」が多く行われています。どちらも溜まった脳脊髄液を腹膜内で吸収させる方法です。
いずれの手術も脳神経外科の手術としては比較的短時間で行われる手術です。手術時間の目安はおよそ1時間程度です。また、手術後の24時間は十分観察、さらに脳室・クモ膜下腔の大きさの変化を診るために、CTやMRIを行います。
その後リハビリテーションや、症状の改善を確認するためにも、1週間から10日程度の入院が必要となるケースが多いです。

ドクターズボイス

症状改善の動画

患者と家族の体験談